スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by lamiavitaolive  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

秋の味覚王 ポルチーニ

ワインの出来がいい年はきのこが遅れる。欲張りな人間には何とも意地悪な自然、今年はキノコの出来が少し遅れそうな・・・
イタリアが世界に誇るワインを産する丘陵地帯ではブドウの収穫が始まると夏ももう夏も終わり・・・レストランでは白トリュフやポルチーニ尽くしのメニューがずらりと並ぶ。菓子店のショーウィンドゥには出来たてのマロングラッセが艶々と並び、焼き栗売りが煙を立てながらいい香りを放つ・・何とも懐かしくイタリアの秋の風景を思い出してしまいます。
秋の味といって一番に挙げられるのは“白トリュフ„ 世界最高品質といわれているアルバ産の白トリュフは、自国の食文化が世界一と信じているフランス人でさえ、この時期ばかりは車を飛ばしてピエモンテの方まで食べにやってくる。
風味も個性的な白トリュフですが値段も半端ではなく、私達庶民のお口にはなかなか入りません。
それに比べてイタリアの松茸とよばれているポルチーニ茸はとても身近な存在にあり手ごろに食べることが出来る食材です。
イタリア全土でも6月ごろからフレッシュのポルチーニが出回り始めますが、早出のものはイタリアでも外国産が多く香りが弱いので、日本で食すなら9月~10月頃から出回るピエモンテ産かトスカーナ産が上物なのでおすすめです。
サラダに入れたり、フリットやグリル・・もちろんポルチーニのパスタに肉、魚料理とも相性がよく、この時期は欠かせることのできない一品です。ポルチーニづくしを堪能してみてはいかがでしょうか。
                             
                                             Buon appetito!!!
スポンサーサイト
by lamiavitaolive  at 09:28 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ケロちゃん

季節の彩りを表現するデザート

味覚の秋と言う事で、また食材について書こうかと思っていたのですが、今回は私事を少し…。
“癒し„という言葉をよく耳にしますが、皆さんは日頃心癒されているものって何でしょうか? 子供の笑顔…、ペット…、趣味…、できれば温泉にでも行きたいところですが手短なところで、お家のお風呂でゆったりと浸かったあと一杯のビール…なんていうのもいいですね。
私、最近心癒されているものが一つあるんです。それは9月のはじめ、娘の自転車に雨蛙が留まっているのを見つけました。その時は何とも思っていなかったのですが、その夜、ふとした事でサッシのくぼみの所にその雨蛙がまた留まっているではありませんか…。それからずっと同じ時間くらいに同じ場所にいるのです。それがなんだか無性に可愛らしく微笑ましく「ケロちゃん」という名前まで付けてしまいました。
朝方は見かけないのですが、日が沈むとサッシのくぼみのケロちゃんのお家に帰ってくるのです。
姿が見えないけど、どうしたんやろ…?
ちゃんと帰っているとホットしたりして…、なんだかとっても癒されているのです。そんな毎日のちょうとした幸せ気分…。人それぞれ思いはありますが、私たち料理にたずさわる者としましては食を通じ本物のおいしいものをたくさん召し上がっていただき一人でも多くの方に幸せな気分になって頂けたらと思っております。
「おいしかったです。また来ます。」
と、笑顔をいただけた時は本当に最高です。それは私達だけでなく料理人なら皆そうなのではないのでしょうか。
雨蛙のケロちゃん
by lamiavitaolive  at 15:37 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

pizza

ラ・ミア・ヴィータお勧めのピザ、マルゲリータ

食欲の秋、トップバッターはピッツァです。
ピッツァは300年程前にナポリで生まれました。
そもそもはナポリの漁師達のお弁当として始まり、パンのような生地(ホカッチャ)にトマトソース、オレガノ、ニンニクをのせて焼いたものがルーツで(私もナポリでピッツァを食べましたがやはり本場の味はとても美味しかったことをよく覚えております。)
日本では当初ピッツァというと生地よりも具材のバラエティーや量だけが注文される傾向にあったように思いますが、イタリアではピッツァの醍醐味と言えば生地自体の味わいを楽しむこと。(当店でも本当に気を使っています。)
ラ・ミア・ヴィータでは三種類のピッツァをお客様に提供しております。
赤・黄・緑のイタリア国旗と同じ色彩で素材それぞれの味を楽しむシンプルで飽きのこないピッツァの王様”マルゲリータ”
パルマ産の生ハムをたっぷり使ったルッコラ エ プロシュト クルード(生ハムとルッコラのピッツァ)
イタリアのチーズをたっぷりトッピングした、チーズの旨みとコクを楽しむチーズのピッツァ
その日の温度・湿度に応じて微妙に調整をしながら生地は最低でも2時間は寝かせ、注文が入ってから素早く手をのばし・・・・・石窯の温度を肌で感じながら、450℃くらいで一気に焼き上げる。
ところどころ焦げ目がつき芳ばしい香りを放つ生地のやわらかさ、もちっとした食感はたまりません。
焼きたてのパンの感覚と似ていて熱くておいしいうちに食べてほしい。
ピッツァの本当の味は窯から出したての熱々がいちばんおいしい!!
その味を是非当店で味わってほしい。

私もナポリでピッツァヨーロが焼いたピッツァを食べてその美味しさに感動したことを覚えています。その美味しさを伝えたいと思い・・・・
生地の表面はこんがり焼き色がついているのに中はもっちりした食感トマトソースと良質のモッツァレラチーズのとろけた風味、生バジルの香り。
当店ではナポリからとりよせた2種類の粉をブレンドして水はイタリアに近いようにと硬水を使い、塩は海洋深層水からとったミネラルたっぷりの塩を使って練り上げています。

※木曜日のランチはピッツァのランチをご用意しております。

by lamiavitaolive  at 18:24 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ごぶさたしてます。

暑い暑い終わり、まだ日中の日差しには厳しいものがありますが空はすっかり秋の色になりました。
夏の間はついついあっさり、さっぱりしたものになりがち…体の方もお疲れぎみでは…?
食欲の秋の到来です。よくがんばってくれた体と心の隅々までご褒美を…
少しバテぎみの体に栄養とそして、今度は寒い寒い冬を乗り切るための体力作りに
味覚の秋を楽しみましょう。伊勢海老にカキポルチーニィをはじめキノコ類等など上質な秋素材が
顔を揃えてまっています。私も一段と肩に力が入ります。しっかりとお食事の方お楽しみ下さい。


*10月13日(日)には、“うましくに伊勢シェフクラブ”の各店のシェフ・マダム・スタッフが一同に集まり
ブースに焼き菓子、ケーキ、料理、ワインなど並べ青空の下で盛大なる食の祭典を行います。
こちらの方もどうぞお楽しみに !!

‶雑誌に載ってます〟 KELLY10月号とSimple、vol27(大人のランチ特別号)に掲載されています。
本屋さんでちらりと、“ラ・ミア・ヴィータ” の記事ひらいてみてください。
by lamiavitaolive  at 08:22 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

lamiavitaolive

Author:lamiavitaolive
伊勢のイタリアンといえばラ・ミア・ヴィータ。
自然栽培の野菜から伊勢海老、鮑まで、地元の食材にこだわったオリジナル料理がお薦めです。
パスタは、乾麺から手打ち麺まで多彩。
イタリア直輸入の釜で焼くピザは最高。
ご予約は、0596-20-5002まで。

FC2カウンター
おしらせ・おねがい

7月27日(金)

内宮お白石持ち行事に参加いたします。
誠に勝手を致しますが
ランチタイムはお休みをさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

7月27日 18:00からの営業となります。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。