スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by lamiavitaolive  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ほうれん草は超健康食品…ラ・ミア・ヴィータ

 ほうれん草は、アルメニアからイランにかけてが原産のアカザ科の越年生草。


 おいしい時期は、霜が降りて寒さに耐え貫いた冬から春…。生命が増し甘くなります。おいしい見分け方としましては、淡い緑色、軸が太くて根が赤いもの、また葉脈が左右均等なものがよいとされています。


 人気アニメ『ポパイ』は、窮地に立つとほうれん草を食べとたんに百人力になったものですが、事実、ビタミン・カルシウム・ミネラル等を存分に含む超健康食品です。また動物性タンパク質に似たアミノ酸を含むので格好のタンパク源となり、胃腸を浄化し、それを再建、再生する強力な薬理作用で、内分泌全体のバランスを正常に保つ働きがあります。


 イタリア料理では、ベーコンと合わせたパスタ料理やグラタン系が多く、イタリアにいた時は、ほうれん草とリコッタチーズ、パルミジャーノチーズを混ぜてクレープ生地で巻き前菜としても使っておりました。

スポンサーサイト
by lamiavitaolive  at 14:39 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

希少な雉(きじ)の卵…ラ・ミア・ヴィータ

名古さんの浜島産雉肉をつかった料理

 


 今年、初の雉の卵です。鶏の卵より小さめで、色はモスグリーン系、薄茶色系です。桃の花が咲くこお季節になると楽しみにしている食材の一つです。


 雉肉をいただいている浜島の名古さんが産みたてを届けてくれます。


 雉のブログにも書きましたが、名古さんの雉は放し飼いにしてエサには無農薬野菜を与えて飼育しておりますので卵も安心して食べる事が出来ます。


 ふつうの卵より味は少し淡泊でデザート作りには不向きですが、目玉焼きやゆで卵にして食べるとふわっと上品な味でとてもおいしいです。


 今の時期にたった一か月間しか産まないのでとても希少な、卵なんです。昨年でしたでしょうか、新聞で「一個 300円」で販売されていると言う記事を見てびっくりしたのを覚えています。


 その希少な雉の卵…当店で雉肉のお料理と一緒にお召し上がりください。


(左)雉の卵(右)鶏の卵
(左側の小さな卵)雉の卵(右の方3個)鶏の卵
by lamiavitaolive  at 16:28 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

紋甲いかのパスタ…ラ・ミア・ヴィータ

紋甲(もんごう)いか

新鮮な紋甲(もんごう)いかで手打ちのパスタを練りました。


 


おいしいイカ墨のパスタを作るには、何よりも鮮度のよいイカ墨で練り上げるのが一番です。一味も二味も風味がちがってきます。


鮮度のよいイカ墨

イタリアではイカ墨と言えば、セピア(紋甲いか)の墨しか使いません。パスタやリゾット、魚料理のソース等に幅広く使われています。まっ黒で見た目はよくなく、服にでも飛んだらやっかいとか、口の中がまっ黒になるとか、特に女性の方にとってはなかなかオーダーし辛いこともあるのですが…。


当店ではパスタに練りこんでありますのでその点安心して召し上がっていただけます。
オープン以来からの定番メニューで今でも一番の人気です。
もちろん、イカスミ好きの方は気にせずいろいろご注文下さいね。


パスタに練りこんで

アミノ酸を豊富に含むイカスミならではの独特のおいしさがありますので、イタリア料理には欠かせない食材となっています。

by lamiavitaolive  at 15:02 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

諸子(もろこ)…ラ・ミア・ヴィータ

諸子(絶滅機種に指定されている淡水魚とか)

一か月程前でしたか私の知人から、食材用としていただいたものです。

魚の名前は「諸子(もろこ)」。形が柳の葉にも似ているので「柳もろこ」とも言うそうです。
コイ科の小魚で絶滅機種に指定されている淡水魚だとか…?
今では養殖され市場にも出回っているようです。

発砲スチロールに入れられ、元気に泳いでいる姿は、おいしいそうというよりはかわいいって感じでしょうか…。

すぐに死んでしまうだろうなぁと思いながらも、五匹程、小さい水槽に入れて泳がせて見る事にしました。

三匹いなくなりましたが、この二匹は餌もいただく事無く、まだがんばっております。
すごいですねー。今や我が家の癒しのペットとなっております。

残り?は…と言いますとさっと水洗いし、粉を軽くまぶして丸ごとから揚げにしました。
淡水魚ですので生臭さもほとんどなく、味も淡泊でおいしかったです。骨ごと食べれてカルシウム不足には最適です。

当日ご来店いただきましたお客様にも少しずつですが
お召し上がり頂き、おいしいと言うお声をいただきました。ありがとうございます。

 

by lamiavitaolive  at 17:56 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鮑ステーキバターソース風味…ラミア・ヴィータ

鮑のステーキ・バターソース


昨年の大震災より早くも一年が経とうとしています。

当時、テレビから流れる映像は想像を絶する衝撃的なもので同じ日本でこんな事が起こっているのかと…とてもショックでした。

特に沿岸沿いの被害が大きかったのでいろんな意味でとても心配でした。
と言うのも
季節はずれのこの時期だけは岩手産の鮑を使っておりました。
冬場はこちらの鮑より肉厚で縮みも少ないのです。

ですが岩手産の鮑の入荷はほとんどなく、今年は南伊勢町の鮑を厳選して使いました。

今の時期の鮑にしては状態もよかったので安心してお出しする事が出来ました。これから夏に向け鮑もより一層おいしくなってきますのでとても楽しみにしています。

獲れたて新鮮な鮑
by lamiavitaolive  at 16:13 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「漁りとる貝」がアサリの語源…ラ・ミア・ヴィータ

ボンゴレ・ビアンコ(アサリの白ワイン風味のスパゲティ)

 


 あさりは貝塚からも殻が出土しているように、太古からの日本人の栄養食です。

 低脂肪・低カロリー・なので生活習慣病を持つ方の格好のタンパク源です。

 また、ビタミンやタウリン、カルシウムなど種々の栄養素を含む優秀な健康食品です。


 もちろん、イタリア料理でもアサリはかかせません。二月の中旬から身入りもよくなってきました。


 五月くらいまでおいしいボンゴレが召し上がっていただけそうです。
当店は、地元のアサリを使いたいと思い数年前から伊勢豊浜・村松産のアサリを扱う荒木水産さんから仕入れております。


 ここのアサリは、身がふっくらとしていて味が濃厚なのが特徴です。適度に塩分を含んだ地下水をくみ上げ、出荷までの間、この水の中につけて休ませています。だから、しっかりと砂抜きもされており、安心してお召し上がりいただけます。


 


「漁りとる貝」がアサリの語源

 

by lamiavitaolive  at 16:53 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

lamiavitaolive

Author:lamiavitaolive
伊勢のイタリアンといえばラ・ミア・ヴィータ。
自然栽培の野菜から伊勢海老、鮑まで、地元の食材にこだわったオリジナル料理がお薦めです。
パスタは、乾麺から手打ち麺まで多彩。
イタリア直輸入の釜で焼くピザは最高。
ご予約は、0596-20-5002まで。

FC2カウンター
おしらせ・おねがい

7月27日(金)

内宮お白石持ち行事に参加いたします。
誠に勝手を致しますが
ランチタイムはお休みをさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

7月27日 18:00からの営業となります。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。