スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by lamiavitaolive  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

脇役ではもったいない香草たち

 和食・洋食・いろんなジャンルに問わず料理には、味付け以外にも、盛り付けも重要なポイントです。
その盛り付けに欠かさないのがパセリのような“香草類”です。


脇役ではもったいない香草たち

 何気なくちょこんと脇役として飾られている事が多いのですが、ただの付け合せだけではもったいない程の効能があります。


盛り付けに欠かさない香草

 パセリは、ビタミンやミネラルを多く含み、食中毒や二日酔いの予防、腸内で肉や脂の腐敗、消化不良を防ぐ意味があります。
細かくみじん切りに刻みスープやパスタなどにも欠かさずふりかけています。
他にも(当店では…)お魚料理の盛り付けにチャービル(セルフィーユ)やディルを使う事が多くあります。
これらの野菜も消化促進や尿分泌促進等、いろんな食後の効能がすぐれたものが多いです。


単なる彩ではありません

 下がってきたお皿に香草達が残っていると少し残念に思います。
クセは少しあるかも知れませんが体によい食後の「薬(草)」と思い極力召し上がっていただきたいと心より思います。

スポンサーサイト
by lamiavitaolive  at 00:22 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ラ・ミア・ヴィータと自然栽培米

両方とも自然栽培米

 自然栽培米とは、農薬も肥料も堆肥も一切使用しない…生きる力を最大限に伸ばしてやるための栽培法で作られたお米です。


 イタリア料理なのにイタリア米はつかわないの?って言われそうですが体にやさしい安全なお米で料理を作りたいとの思いからこの自然栽培米を使っています。秋田産のササニシキの5分搗きを使用しているのですがリゾットはもとより米料理に適しているように思います。


 日本では主食のお米ですが、イタリアでは野菜の一つとして認識しています。
ほかお自然栽培の野菜達といっしょに旬のおいしさをお楽しみいただければ幸いです。



両方とも自然栽培米です。白米と、ちょっと黒っぽいのがリゾット用の五分つきです。

by lamiavitaolive  at 05:25 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

美熊野牛のタリアータ

タリアータとは切る(cutting)という意味

 オープン来からの定番メニューとなっております「美熊野牛のタリアータ」。


 牛ロース肉をローストし、バルサミコ酢で和えたサラダを添えさせて、お出ししているメインのお料理です。


 牛肉は、飼育から肉処理までほとんどの事を行ってくれる信頼のおける精肉店さんから購入しています。


美熊野牛

 小規模ならではのこだわり、愛情を持って育てているせいか程よい「さし」が入っており、肉自体に甘みを感じさせるのが特徴です。松阪牛に惹けをとらないおいしさのように思います。また、目の届く範囲で営んでおりますので、品質もよく(予約はいりますが…)希望とならば牛舌・牛尾・心臓・内臓等いろんな部位もお願いすることが出来、
安心してお客さまに提供できるのでとても助かってます。


さしが程よく入って…。
by lamiavitaolive  at 15:21 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ラ・ミア・ヴィータのピッツァ

ラ・ミア・ヴィータのこだわり

 イタリア料理と言うとパスタ…次に浮かんでくるのは「ピッツァ」ではないでしょうか?


 私もイタリアで修業中のときは、同じ職場のイタリア人においしい所をきいいては、いろんなピッツェリアへ出向き食べ歩きました。ピッツアってある程度統一されているのかなぁと思いきや、イタリア国内を回ってみると、さまざまなスタイルがあることに少し驚きました。


ラ・ミア・ヴィータのピッツァ

 伝統的なナポリピッツア…グザイたっぷりのアメリカタイプ…少し薄めのクリスピーなもの…、実にさまざまでそれなりの味と特徴が楽しめました。その中でも一番印象に残っているのはナポリで食べたマルゲリータです。出来立ての水牛100%のモッツァレラチーズに完熟したトマトのソース、バジリコ、オリーブオイルのシンプルなピッツアでしたが石釜で焼き上げる生地は中はもっちりとしていて表面はパリッとしていて遠赤外線効果のある薪釜で焼き上げる事で最大限の生地のおいしさが引き出ていました。


窯にはこれでないと火力が…



 当店でもナポリで食べたピッツアを再現したいと、特注で石釜を作り水は硬水を使い粉はナポリから取り寄せています。


イタリアから輸入したピザ生地

 完璧に近ずけるよう日々鍛錬しています。


ナポリで食べた味を再現したい

ピッツアをお召し上がりの方は、前日までに予約をおねがいします。
マルゲリータ・生ハムとルッコラ・チーズの3種類のピッツアになります。
by lamiavitaolive  at 22:33 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

lamiavitaolive

Author:lamiavitaolive
伊勢のイタリアンといえばラ・ミア・ヴィータ。
自然栽培の野菜から伊勢海老、鮑まで、地元の食材にこだわったオリジナル料理がお薦めです。
パスタは、乾麺から手打ち麺まで多彩。
イタリア直輸入の釜で焼くピザは最高。
ご予約は、0596-20-5002まで。

FC2カウンター
おしらせ・おねがい

7月27日(金)

内宮お白石持ち行事に参加いたします。
誠に勝手を致しますが
ランチタイムはお休みをさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

7月27日 18:00からの営業となります。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。