スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by lamiavitaolive  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

稲の穂がふっくらふくらむ月…穂含月(ほふみつき)。

 伊勢神宮でも9月の抜穂祭、10月の神嘗祭を前に神宮神田で大切に育てられています。


 そこでお米に関するお話を少し…。


 古代ローマでも兵士の給与は塩。これがサラリーの語源だとか…。そして、日本のお侍の給料はご存知お米でした。年収がお米の量で表されたわけです。みなさんはご自分の年収をお米に換算なんて事考えたことがありますか? そういう私も
自分の収入分のお米(?)、想像もしたこともないのですが…。昔はとても貴重で奪い合った時代や、お腹いっぱい食べることの出来ない時代があったのにもかかわらず、お米の生産を減らしているという現状があります。


日本人」が生きる事に直結して据えてきた「お米と稲作」。
農民が耕し続け守り続けてきたお米。

 ところが、その日本人の主食である“お米”を食べると体が拒否反応を起こす人が増えてきているというのです。いろんな食物アレルギーの方がいらしゃいますが近年になってお米に使われる肥料や農薬、品種改良がその原因と指摘されています。目の前にあるもっとも愛すべき食べ物が年々食べれなくなってしまっているとしたらいかがでしょう?農薬や肥料に含まれる科学物質は微量とはいえ身体に蓄積します。


 人体にどのように複合的作用をするのか未知数で決して安全だとは言い切れません。とは言うものの。農薬は今の日本の自給率を守る上で必要です。農薬がなければたちまち私達は食を失うでしょう…戦後の食糧難を乗り切ることも出来なかったでしょう…理想と現実とがうまくかみ合わないのが現状…とても悲しいことです。


 身体に入るものすべて無農薬・無肥料というわけにもいきませんがラミアヴィータにきていただいているあいだだけでもと思い、

お米・野菜・ワイン・ビール・ジュース・お酢など召し上がっていただけるよう
準備しております。野菜のリゾットなんていかがですか?


 料理人としておいしいものをお客様に提供していくことは当たり前のことですが味もよし、身体にもよしのイタリア料理を一品でも多く召し上がっていただけるよう心がけております。


スポンサーサイト
by lamiavitaolive  at 21:58 |  ラ・ミア・ヴィータ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lamiavitaolive

Author:lamiavitaolive
伊勢のイタリアンといえばラ・ミア・ヴィータ。
自然栽培の野菜から伊勢海老、鮑まで、地元の食材にこだわったオリジナル料理がお薦めです。
パスタは、乾麺から手打ち麺まで多彩。
イタリア直輸入の釜で焼くピザは最高。
ご予約は、0596-20-5002まで。

FC2カウンター
おしらせ・おねがい

7月27日(金)

内宮お白石持ち行事に参加いたします。
誠に勝手を致しますが
ランチタイムはお休みをさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

7月27日 18:00からの営業となります。

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。